読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の幸せってなんだよって思う

雑記

普通の結婚、
普通の出産、
普通の子育て、
普通の親戚づきあい、
普通の毎日の料理、生活、
そして、普通のお葬式…


どれも私にとっては普通じゃない。
望んでもない。いや、分からない。
世界の「普通」という圧力に、1人で潰れそうになっている。
自滅だ。


一方では未だスポーツの最前線で戦い、華々しい成果を収めている友人がいて、
一方では始めた事業が軌道に乗り始めている友人がいて、
一方では家庭を築き始めている友人がいて、
どれも輝いているよ。
カッコいいよ。


私はどこにも属さず、
自分の担当する仕事に対する苦手意識が消えないまま、
4年間働いた会社を去ろうとしている。
結婚する、という建前で。
すごく嫌だ。
望んでないよ。こんな形。
何者にもならずに終わってしまった。
私の社会人としての第一歩。
これからどうすればいいのか全く分からない。

体操がもっとできる人間だったらよかったのに。
もっとテンションが高くてなんでも身体表現に変えられる人間だったらよかったのに。

その分野は好き、ではあったけど、得意にはなれなかった。
そしてどんどん閉じていく。
苦手が怖くて閉じていく。

今は踏ん張って頑張る時期?
いや、何をさ?

カッコいい友人たちに共通するのは、
それを全力で楽しんでいること。

私も心が赴く方へ、
楽しいと思えることを全力でやったらいい。

そんな表面的なことは言えるけど、
本当にどうしたら良いか分からないんだ。

教員免許をとり直そう、という気持ちも揺らいでいてね。
教師になれる感じがしなくてね。
結局苦手と向き合うことになるだろうから。

さあ、時間は過ぎる。
困ったな。