読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年前にパラリンピアンの佐藤真海さんの講演を聞いた話

1年前の日記が出てきたので備忘メモ。



パラリンピアン佐藤真海さんのトークショーに行ってきました。

率直に、素晴らしかったです。

佐藤さんは、大学二年で骨肉腫を発症し、片足を失いました。
失意の中にあった佐藤さんが再び前を向いて歩きだしたきっかけがスポーツだったそうです。

私は、人が自分の持っているエネルギーの塊を最大限にしてぶつけ、オリジナルな物語を紡いでゆく「スポーツ」って、本当に美しくて素敵だな、と日々しみじみと思いますが、
パラリンピックに出るような人々の物語にはそこに、深い苦悩と挫折、それを超えて自己がそこに「ある」ことに対する喜びや生への情熱が加わり、
より一層の輝きを放っているなぁと感じました。

さらに、どんな困難にも逃げずにひたむきに向き合い、乗り越え続けようとする佐藤さんの明るさと強さに、大きな勇気を頂きました。

毎日の生活や仕事、学業は、
必ずしもスポーツのようにシンプルではありません。
複雑で力の入れ方もわからないような困難な事もたくさんあると思いますが、
志を見失わず、自分に出来ることを一歩ずつ前へ、前へ、とやっていく姿勢が大切であり、尊いな、と思いました。