ハムストリングスの柔軟性

今わたしは26歳だが、最近著しくハムストリングスの柔軟性が落ちてきたように思う。
身体が温まってくればまだマシなのだが、体操のレッスンをノーアップで行った時の長座体前屈が全然いかないのだ。

これはまずい……………



そこで、自分のためにも、
柔軟性を高めたい生徒たちのためにも、
また、ジムを利用する会員様方のためにも!

柔らかくする方法の書かれたサイトを探してみた


http://nadeshikoblog.jp/junan-up.html
1 ひざと股関節を深く曲げてしゃがみ、両手を後ろに回し、アキレスけんあたりを掴む。
ちょうど、うんこ座りした状態で、両手で両足のアキレスけんを掴む感じです。

2 太ももを胸にくっつけたまま、ゆっくりひざを伸ばしながら立ち上がります。
この時、呼吸を止めてはいけません、ゆっくり吐きながら立ち上がると良いでしょう。

3 ハムストリングが伸ばされているのを感じられると思います。
その状態で、呼吸を止めずに呼吸をしながら10秒キープします。




うんこ座りって。笑

でも、この方法、効いた。
太ももを胸にくっつけたまま膝を伸ばしていくことで、
ハムストリングスのみを無理なく伸展していくことができて、
よかった。


他には、動的ストレッチを推奨してるものがあった。



http://www.diet-publishing.com/hamstrings-stretch/

1 まずテストでどれだけ前屈ができるか試す
2 左脚を前に出して踵をつきだすように10回ほど床を叩く
3 つま先で床をパタパタと叩くイメージで10回
4 2~3を反対の足も行う
5 前傾してハムストリングスをさする
6 もう一度テストで前屈を行う


これは特に膝裏(ハムストリングス腓腹筋の起始)を意識的に伸ばしていく手法っぽい。
確かにわたし自身、膝裏の部分が一番硬いと感じる。



何れにしても、何もしなければどんどん筋肉は硬くなると思う。
日常に少しずつ柔軟運動を取り入れて、怪我のしにくいキレのある体を目指したい。