読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試験もあるし、SNS減らそう月間

雑記


として、「今日からしばらくさよなら!」とか言ってみたのはいいけど、
そんな宣言してみると、かえってそわそわ落ち着かなくて、
こりゃ中毒だなあと反省しているここ4日間のまえだな日々。

フェイスブックにしても、Twitterにしても、
見ないとなんか落ち着かないのは、
人と繋がっていたい症候群なのかな?



私、そろそろ良い歳になってきたけど、
学生時代かなあ?
もう少しまえは、
もっと純粋に孤独に正面から向き合って、
もっと鋭利な感覚を備えてた時期もあった(気もするんだけどなあ)。


心が弱くなったのか、
甘えなのか。

それで良いのか悪いのか。

人生の答えなんて、ほっといたら誰も教えてきれないまま過ぎていく中で、
自動的・受動的に働き生きてると、
進歩のないまま同じようなところをグルグルと歩き回るようになっていくんじゃないだろうか。


私はそれが、すごくこわい。



どうせ生きているなら、力の限りに自分の体と心を開放し使って、
社会に対して何かできることを1つずつ、と思っていてて、
そのために1日も無駄にしてたくないけど今の自分どうなってるんだろう?
時間を空費してやしないか?と。



まあ、そんなこんなでも時間はおかまいなしに過ぎていくから、
たとえ今歩いているのが同じ場所だったとしても、
少しでも傾斜がついてると信じながら、
進みながら登る道を見出すしかないのかもしれないけどね。



そんなこんなですがまあ元気。
昨夜は会社の先輩と1年まえに会社をやめた先輩と私の3人で食事へ。
顔合わせるのほんと久しぶり。


なんかよくわかんないことをダラダラと喋ってただけなんだけど、
たくさん笑った。


SNSで繋がるのはダメで、リアルで会うのは良いのか?と言ったら
(これで勉強しなかったら時期的に本当に問題だけど^^;)
SNSで「繋がってる(もどき)」は、繋がってるんだけど一方で自己完結していて、
孤独を貫くのではなく、孤独感に浸ってしまう感じがする。
自分の内側へ内側へと思考が縮まって行き、
極端な話、自分を追い込むんじゃなくて追い詰められてくんだよな。

両者は私にとってすごく違って、この違いが重要な意味を持つ気がする。


大切な人たちとのリアルな交流は、
生の人の温かさとか、質感があって、
そのやりとりに自分が癒されてくのを感じる。
生きてる感じが噛み締められて、心地よい。

私、大げさかな?笑



何にしても昨日は癒された。

そういう話をしたわけじゃないけど、
つくばで暮らせてて、こんな人たちに出会えて、
今の会社で働けて、私幸せだなあ本当によかったなあって
しみじみ感じた。
もちろんいろんなことがあるし、迷ってばかりだけど、
まだまだ私頑張れる。これからもっと楽しめる。はず。

考え悩み、葛藤しながらも、
人と会って、たくさん笑って、いろんな経験をして、
目の前にあることを全力でやる中で、
自分にとって確かなものを見つけていけたら嬉しいな。

今日もがんばろーっと。